公立中高一貫校受を受験するお子さんのための便利アイテム

公立中高一貫高を受験するお子さんのために、お父さん・お母さんができることとは何でしょうか?これから紹介する便利アイテムを活用して、親子でいい思い出を作りましょう。

公立中高一貫校受を受験するお子さんのための便利アイテム > 公立中高一貫校を受験するお子さんのための便利アイテム

公立中高一貫高を受験するお子さんのために、お父さん・お母さんができることとは何でしょうか?これから紹介する便利アイテムを活用して、親子でいい思い出を作りましょう。

公立中高一貫校の過去問を入手

 まずこれを入手して下さい。
 公立中学受験の場合は受験とは言わず「適性検査」と言います。なので過去問のタイトルが「適性検査問題集」となっていますが、過去問ですから気にせず購入して下さい。
 
 この問題集に直接書き込んで解いていくのではなく、次に紹介する「裁断機」「両面スキャナ」「A3レーザープリンター」の三種の神器を使って「自炊」を行います。

三種の神器で自炊

 自炊とは、本をスキャナで読み取って電子化し、パソコンやタブレットで読めるようにする事です。最初に入手した過去問を、上記の三種の神器を使って自炊し、電子化します。
 過去問は分厚い本であり、そのままではちょっと使いづらいのです。通常は同じ問題集を2周、3周と解きますから、本に直接書き込んでしまうと2周目がやりにくくなります。コピーを取ればいいのでしょうが、コピーを取りに行く手間がちょっともったいないですね。
 三種の神器を使って「自炊」することでこれらの問題が一気に解決します。

中学受験は親の受験です

 中学受験は親の力が7割と言われています。高校受験は3割、大学受験は1割未満と言われていますから、中学受験はいわば「親の受験」なのです。
 中学受験では親の力が試されています。社会人として歩んできた道、生きてきた証を今、お子さんの受験にフル活用するのです。
 親子で一緒になって頑張った。その思い出は必ずお子さんの成長にもいい影響を与えます。では、グッドラック!
 

電子書籍リーダー

お子さんを中学受験させるご家庭でしたら、お父様、お母様も相当な読書家ではないでしょうか。
どの本も思い入れがある、どうしても捨てられない、だけど残しておきたい、その気持ち、よく分かります。
であれば「自炊」して電子化し、それを電子書籍リーダーで読むようにしては如何でしょうか?
ファイルですから場所を取らずに残しておけるし、好きなページを印刷して他人に見せる事もできるし、OCR機能を活用すれば、検索もできるようになります。
 

何より「睡眠」が大事!

中学受験生を持つお父さん、お母さん。
 
ちゃんと眠れてますか?

受験生に何より大切なのは「食事」「勉強」「そして「睡眠」です。そして「睡眠」はむしろ、お父さん、お母さんこそ必要です。
例え短時間であっても、質の良い睡眠を追及しましょう。